年収を気にせず借りられる

以前の「レイク」は大手消費者金融の「レイク」として名前が知られていましたが、現在は、新生銀行カードローン「レイク」として口コミなどでも人気のあるカードローンとして知られるようになりました。

 

銀行カードローンの大きな特徴である、総量規制外の対象外というメリットを生かし、利用者側に立った融資を行っています。

 

「年収による融資制限がない」

総量規制対象外と言う事は、消費者金融や信販会社などの貸金業者は、2010年より貸金業法の改正で総量規制が施行されるようになり、融資限度額は年収の3分の1以内と言う制限を課せられるようになりました。

 

しかし、レイクは新生銀行が発行する銀行カードローンなので、この年収3分の1の総量規制は適用されません。レイクは、消費者金融のイメージが強いと思いますが、銀行カードローンなのです。

 

レイクが銀行カードローンとなることで利用者にとっても大きなメリットになります。消費者金融の場合、一定額以上の融資をした場合、定期的に信用情報の調査をすることが義務付けられています。信用情報の調査で年収の3分の1を超える借入が発覚した時は、ただちに追加利用を停止しなければならない事になっています。

 

この点、レイクは貸金業者ではないので、年収3分の1を超えたからといって追加利用が出来なくなるわけではありません。消費者金融では100%追加融資ができなくなりますが、レイクは独自の基準で決めているので、総量規制の制限を超えていても、追加借入ができるということです。

 

「収入証明書類は100万円以下なら不要」

消費者金融の場合、借入希望額が50万円超える場合、や、他の貸金業者都の借入と合わせ100万円を超える借入希望額の場合、年収を確認するために、収入証明書の提出を求める事になっています。

 

その為、消費者金融から50万円を借りたいと思った時は、審査時に収入証明書類を提出しなければなりません。収入証明書が無ければ、審査の受付けをしてもらえませ。

 

しかし、「レイク」は、総量規制対象外の為、自社基準で収入証明書は100万円以下なら不要としています。

 

消費者金融では収入証明書が必要になるケースでも不要で借りられることは大きな魅力と言えるでしょう。